読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

やる気と能力

仕事を誰かに任せるとき、やる能力はないけどやりたいやつAと、その仕事をやりたくはないけど能力があるやつB、どちらに任せるのが良いのか。グループワークだったり、サークルだったり、バイトだったり、よくぶち当たる問題だと思う。

 

 「そんなの場合によるよ」と言われそう。確かにAがどの程度できるかや、Bがどの程度やりたいかによってもどちらを選ぶかが変わるだろう。 

それも含めて、やる気と能力どちらにより重みをつけるか。 

 

ぼくは断然やる気推し。なぜなら、やる気があれば能力は身につくものだが、能力があってもやる気は湧いてこないからだ。 

 

いや待てよ。それはおかしい。 

人間は自分が得意なもの=好きなものであることが多い。もちろん、好きなものにはやる気が備わっているはずである。 

 

いやいや、だからこそ、現時点で能力があるのにやる気がないのであれば、今更上がる確率はかなり低い。 

つまり、能力があっても今やる気がなければ、今後湧いてこないだろう。 

 

てか、やる気があって能力もあればそいつに決定だよ、うん。

 

 能力があってもやる気がないやつに任せれば、100点の出来を出してくる可能性は高いが、それを超える出来のものを作ってくる可能性はゼロだ。だが、やる気、モチベーションがあれば、その仕事の出来は100点を超える可能性がある。ただし、手取り足取り色々教えてやらなければならない。それが不十分であれば、40点のものを出してくる可能性もある。 

 

 そうであっても、ぼくはAを選ぶ。

 

僕には、その仕事のやり方を教えるやる気があるから。