読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

でをがに、よをねに。

なんだその呪文と思うかもしれない。

強いて言えば、これは人間関係をうまく回すための潤滑油を生み出す呪文だ。

 

「○○でいい」は、気にしないで使うと上から目線になる。

「60パーセントの出来でいいから、早く出して」譲歩している表現であるから、すべてにとは言えないのだが、同等の関係や相手が目上の場合にはかなり慎重に使うべきだ。

 例えば、

ホワイトデー、GODIVAでいいよ。

ホワイトデー、GODIVAがいいな。

では、全く印象が違う。

 

上の例文では、もうひとつ上から目線に思われる用法が入っている。

それが承認を表す「よ」だ。

お願いや提案を承認する側は、必然的に少し上の立場になる。

ここで、いいね→いいよに変える。

 

この前興味があるって言ってた、あの映画見に行こうよ。

に対しての返答として、

いいよ と いいね

どちらを選ぶか。そこが分かれ道だ。