読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

価値観をファッションとして楽しむ

近年の多様性を重んじる風潮は、優しさという暴力だとも感じる。

自由度が高すぎるがために、自分の価値観をすべて細かく取捨選択していかなくてはならない。

それが楽しいと感じる者もいれば、億劫だという者もいるだろう。

それはまさにファッションが好きかどうかみたいなものだ。

全員が同じ制服を着ていればよかった高校生時代が懐かしい。

急に私服制になったかのように、自分で価値観を選び武装することを強いられる。

そして、センスがいいだの、ありきたりだの、似合ってないだの言われるわけだ。

その服をどこで買うのか。そのファッションセンスが問われる。