読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

時間のバイバイ

自分が忙しいときに身近な人が暇そうにしていれば、時間を僕にくれと思う。

そんなことできないとわかっていながら、皮肉を込めて口に出す。

 

しかし、バイトをしながら、「今、完全に時間を売ってるわ」と感じることがある。
僕が時間を売っているなら、誰かが買っていることになる。

つまり、時間の売り買いが成り立っているんだ。

 

他の人に自分のことをやってもらう。
家政婦はもちろんそうだし、外食もそういう側面を持つ。
それどころか、仕事は大概そうだろう。

 

いつか時間が買えるときがくる?
もう来てるよ、ずっと前から。