読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

約束のネバーランド

日本の漫画界で間違いなく一番人気の雑誌ジャンプ。
ONE PIECEと共に黄金期を支えたNARUTOBLEACHが立て続けに完結し、驚異的な人気を誇るHUNTER×HUNTERが無期限休載を発表した今、ジャンプは崖っぷちに立たされている。
伝説が抜けた枠で試し打ちされる読み切りや意を決してスタートした新連載が、中々次なる主力漫画になりきれていないのがジャンプの現状だ。

 

そんな中、また新しい連載が始まった。
次の月曜で5話目になる「約束のネバーランド」という漫画を
紹介したい。

 

原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか

白井カイウは、本名・性別・生年月日非公表の謎に包まれた原作者。

以前に少年ジャンプ+に「アシュリー=ゲートの行方」「ポピィの願い」の2作品を発表している。「ポピィの願い」の作画を担当した出水ぽすかと意気投合して今回の連載にいたった。

出水ぽすかは、ジャンプ連載前から活動をしており、小学館コロコロコミックで「オレカモンスターズ冒険烈伝」「魔王だゼッ!! オレカバトル」を掲載していた。
また、pixivでは話題の絵師として有名で、Twitterのフォロワー数も4万人を超えている。

 

出水ぽすかpixiv(http://www.pixiv.net/member.php?id=33333)
出水ぽすかTwitter(https://twitter.com/demizuposuka?lang=ja)

 

独特な柔らかいファンタジーの世界観に目を惹かれる。画力は申し分なく、特にカラーで映える絵が得意そうだ。
巻頭やセンターカラーの回に期待がかかる。

 

肝心なストーリーは、
『母と慕う彼女は親ではない。
共に暮らす彼らは兄弟ではない。
ここグレイス=フィールドハウスは小さな孤児院。
至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を
送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。
しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた・・・
子供達を待つ数奇な運命とは・・・!?』

 

この漫画は、いわゆるサスペンス漫画の部類に入る。
実は、週刊少年ジャンプでこのジャンルはかなり珍しい。
サスペンス漫画はストーリーの作り込みに時間がかかるため、週刊雑誌で出すのが難しい。
さらにサスペンス漫画は巻数にすると3〜8巻で完結するものが多いが、ジャンプは打ち切り以外の短期掲載に消極的だ。
逆に考えれば、連載に踏み切る前に原作の内容はだいぶ先までチェックが入っているのかもしれない。
兎にも角にも、ジャンプが新しい一歩を踏み出したことに変わりはないので、
しっかりと見守っていきたい。

 

f:id:bokunosikou:20160902154150p:plain

↓以下のURLで1話から3話が読めるので是非。
『約束のネバーランド集英社公式サイト(http://www.shonenjump.com/j/rensai/neverland.html)