読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

おしゃれハンバーガーはハンバーグへの冒涜論

1904年アメリカで開催されたセントルイス万国博覧会の会場で、サンドイッチのように丸いパンにハンバーグをはさんで売り出したのが、ハンバーガーの始まりである。

同博覧会では、アイスクリームのコーンも登場したことが知られている。
つまり、食器を使わずに持ち運びができるようにすることで、博覧会を見ながら食べられる食べ歩きグルメとして考え出されたことは明らかである。


ハンバーガーは、パンにハンバーグを挟むことで手軽に食べられることを目的とした料理だ。


そういう意味では、マクドナルドやモスバーガーなど価格帯も低く持ち帰りもしやすいチェーン店は、本来のハンバーガーの目的をよく理解している。


しかしながら、最近では、自由が丘や代官山などのおしゃれタウンを中心に、ファストフードから逸脱したハンバーガーが流行っている。
お皿で綺麗に盛り付け、重力に逆らうようなデザイン性を串でなんとか保っている。
もちろんナイフとフォークを使って食べる前提の食べ物である。


お店の席でナイフとフォークを使える状況ならば、普通にハンバーグを食べれば良いのではないだろうか。
おしゃれハンバーガーとハンバーグでは価格帯も変わらないのだから。

f:id:bokunosikou:20170413200550j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ