読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

哲学カフェ「結婚とは何か?」

4/15に行われた西千葉哲学カフェに参加してきました。
まず参加者一人ひとりに自己紹介がてらファシリテーターからの問いに答えてもらうのが西千葉流。
今回のテーマは「結婚とは何か?」だったので「結婚という制度は本当に必要なのか」という問いかけからスタートしました。
"本当に"が少し引っかかりましたが、だいたいの人が必要だと回答していました。


僕の中で結婚は"子供を守るための制度"です。
悪く言えば、人口を増やしたい国家の策略だと思います。
確かに人間は他の動物に比べて子育ての期間が長いため、制度で縛らないでも子供を一人前に育てられる確率を保証できるかといえば、あまり自信がない。


結果として、結婚したいと思う人が結婚できる制度になれば一番良いとは僕も思いますが、条件の緩和とサービスレベルの向上の両立を要求するのは少し贅沢すぎる気もします。


やはり哲学カフェを通してああでもないこうでもないと話しても、結婚をするべきなのはどういう人か行き着く先を一つに決めることはできませんでした。
今や人々の結婚する根拠は僕たちの思っているよりも驚くほど多様化しているようです。


参加者の中には事実婚や任期制結婚をされている珍しい方もいらっしゃって、独自の結婚観を聞くことが出来ました。いい経験になりました。


西千葉哲学カフェは基本的に月に1度の開催ですが、戸谷さんの都合で次回はまだ未定。
頻度を下げるないし違う人にファシリテーターをお願いすることも検討中らしいです。
次回開催を楽しみにしています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ