読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

手書きのモジ

手書きの文字は捨て難い。

 

自分の字でさえ、基本的には捨てられない。
捨てられる文字と捨てられない文字は潜在的に分かれる。
捨てられるだろう字はすぐに捨てるし、捨てられないだろう字は一生捨てたくない。

 

もちろん、ハガキも手紙も色紙も捨てられない。
たとえ写真を撮っても捨てられない。
その人がこの紙に直接触れ、時間をかけて1文字1文字を綴ったのだから。


字のクセを覚えるぐらいに、読み込んでしまう。
なぜその言葉を選んだのか。
意図的でなくても、自然とそれを選んだのには理由があるはずだ。
まさかこんなに読み込まれるなんて思ってなかっただろうね。

 

怖いなら手書きの文字渡さないで。
僕は大切にしてほしいから手書きの文字渡すよ。