読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

人に助けを求める方法

助けは、
①問題とそれに対する選択肢の輪郭をハッキリさせる
②自分の価値観自体をハッキリさせる
のどちらか、または両方の役割を担っているもののことだ。

具体的には、相談、本、宗教、哲学などがあるが、今回は人に相談することのみについて言及してみたいと思う。

 

相談することによって何を求めるのか。

解決策の提示?背中の後押し?

そんなものを求めるから、相手に重いと思われてしまう。

 

単純に話を聞いてくれるだけでいいんだ。

相手に伝えたいと思うだけで、論理性を保とうとして自分の脳内の整理になるものだ。それだけで十分な利益がある。

こちらは、自分の話を聞くためだけに時間を使ってくれる聴き手に感謝する。聴き手もアドバイスなんてしなくてよくて、ただ話を聞いているだけでいいとならば、かなりハードルが下がる。その上、役に立てたと思ってもらえる。

 

自分が悩んでること自体が友達にとって問題である。

悩んでるときぐらい空気を読もうとしなくていい。