読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のシコウ

僕のただの“嗜好”であり、同時に“至高”の“私考”。この“思考”は今はまだ“試行”中であるが、僕の“志向”に繋がっている。

普通のイチ

普通になりたい。

普通になりたくない。

 

普通はこうするでしょ。
普通に考えたらそんなことしない。

 

人は、あたかも普通を知っているかのように、
普通が決まっているかのように、
日常的な会話をしている。

 

一般的に普通だと思われていることは、本当に普通なのだろうか。

どう考えても普通ではないが、普通だとされておくべきこともあるだろう。


認識しているかどうかにかかわらず、
対象となる人全員の平均。
それが本当の普通の定義だとすれば、
普通の人が一人いなくなったとこで、普通は変わらない。

 

普通の人が、誰かに影響を与えるのは難しい。

僕は人に影響を与えることで自分の存在意義を感じるから、普通ではいられない。

 

そのためにも、普通とはなんなのか、できるだけ高い精度で知りたい。

 

普通を知ることは、自分も含め人の価値観の位置を把握するためにどうしても必要で、
一番精度が求められる行程。